不動産の売却手順は意外と簡単

契約書類や領収書等、しっかりそろえておくように

契約はだいたい2時間くらいですが、その時に買い手から手付金というものが払われます。
購入代金の一部なので、これは受け渡しである決済が終わるまでは手をつけてはいけないお金で、預かっているようなものです。
契約が終わったら、買い手の状況により1ヶ月〜で受け渡しができる状態になります。
受け渡しの時は権利書など重要書類も必須になるので、紛失していれば契約の時には会社に相談してみてください。
色々細かく指示をくれたりします。
またその他の流れや工程の段階全てで、細かく指示や連絡はもらえるので、わからない事や不安な事、必要なものなど聞いておくと早めに用意できたり落ち着いて受け渡しまで行う事ができます。
受け渡しが終われば、その旨の登記をしに司法書士が手続きをしてくれますので、残代金を受け取り終了となります。
また売却時期によりますが、確定申告が年内、若しくは翌年にはしなければいけないので、契約書類やそれに関する全ての書類や領収書などは取っておきましょう。

不動産売却について業者と協力して売却を進める煩雑な手続きで色々と忙しい契約書類や領収書等、しっかりそろえておくように